アメリカの銃に関する考え方

アメリカは銃の所持について日本のように禁止されているというわけではないためにたびたび銃による犯罪が起きていますが、小学校で起きた事件はそういったルールを見直すほどの衝撃的な事件となりました。そんな事件を受けて、アメリカでは銃に対する考え方というのが人によって少しずつ変わってきているようですが、そんな中で小学校に何と7歳の生徒が拳銃を持ち込むということがあったようです。これにより学校を封鎖するなど当たりは一時混乱が起きたようですが、そもそもこの生徒はどうして銃を学校に持ってきたのでしょうか?護身用として親が預けたのか、家にあったものを子供が勝手に持ち出してきたのか?そのあたりについては明らかにはなっていませんが、やはりこういった銃に対しては今はナイーブな時期と言って間違いないと思うので、周りの学生たちも驚いたのではないかと思います。大事には至らなかったようではありますが、銃が持ち込まれるなんて怖いですよね。